goukaku.png

目次
1・「宅地建物取引主任者(宅建)」資格試験合格への最短コース

2・宅建は難関国家資格・・なぜ一発合格できるのか?

3・「宅建超高速勉強術」感想とレビュー

4・「宅地建物取引主任者」資格合格法の比較とレビュー

5・資格試験をなめてかかるとどうなるか?

6・資格、特に国家資格は取得してほしい!

7・「宅建」など資格取得に関する無料冊子を集めてみました。

用語集カテゴリの記事一覧

豆知識・用語集(1)と対応地域

「宅建」正式名称は「宅地建物取引主任者」
(たくちたてものとりひきしゅにんしゃ)といいます。

「宅建」は国家資格の中でも最大規模の資格試験です。
受験者数は2006年で20万人弱。2002年以降増加傾向にあります。

宅地建物取引業者(不動産会社)において不可欠の資格者です。
宅地または建物の売買、交換、賃貸の契約が成立するまでの間に
重要事項の説明などを行う際には「宅地建物取引主任者」が
行わなければなりません。

宅地建物取引業(不動産業)を営む場合には、国土交通省の
定める数の(事業規模等に応じる)成年者である専任の
宅地建物取引主任者を置かなければなりません。

また、マンションのモデルルームなど案内所で契約を締結する
ような場合には、規模に関わらず、必ず一人以上の
宅地建物取引主任者を置かなければなりません。

宅地建物業の相手方に対して、重要事項の説明、
重要事項説明書への記名・押印、契約書への記名・押印は
宅地建物取引主任者(専任でなくてもよい)が
行わなければなりません。(宅地建物取引主任者の独占業務)

こうしたことから不動産業界では「宅建」は、なくてはならない
資格なのです。

宅地建物取引主任者資格は、不動産業だけでなく
金融業などの他職種や、法律系国家資格(行政書士等)の
登竜門としても人気のある国家資格です。

宅地建物取引主任者試験の実施は、各都道府県が指定機関に
委託する形で行われています。
指定機関は財団法人不動産適正取引推進機構です。
試験会場は全都道府県に置かれ、2005年では197会場でした。

過去のデータから合格率は毎年15%前後を推移しています。
宅建試験の2005年〜2007年の合格率は17%台前半でした。

宅建の合格者の就職先は不動産業界が最も多く、
他には建設業界、金融業界、一般企業などです。
企業では宅建資格取得者に対して、資格手当が1〜3万円程度
支給されることが多いようです。
特に不動産業では資格手当が支給されるケースがほとんどです。

宅地建物取引主任者資格試験の合格実績は特殊な場合を除き、
たとえ登録が消除されても一生有効です。
取り消される場合は、たとえば試験時に不正行為により
合格が取り消された場合などに限ります。

対応地域について
「宅建超高速合格講座」はインターネットを通じて
ダウンロード等で販売されているE−Book(電子書籍・電子ブック)です。
したがって、札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、京都市、大阪市、岡山市、広島市、福岡市など、全国の主要都市をはじめ
北は北海道から沖縄まで、全国各地に対応しております。
muryousassi-midori-1.png situmon-ao-1.png