goukaku.png

目次
1・「宅地建物取引主任者(宅建)」資格試験合格への最短コース

2・宅建は難関国家資格・・なぜ一発合格できるのか?

3・「宅建超高速勉強術」感想とレビュー

4・「宅地建物取引主任者」資格合格法の比較とレビュー

5・資格試験をなめてかかるとどうなるか?

6・資格、特に国家資格は取得してほしい!

7・「宅建」など資格取得に関する無料冊子を集めてみました。

宅建業者に超低金利融資・関西地銀

関西地銀「超低金利」で増加・中小融資、大手銀縮小の中で

・・宅建業者向けの融資に強い関西アーバン銀行は全国の地銀でもトップレベルの13%増。大阪に積極進出している京都銀行は3%増、紀陽銀行も8%残高を伸ばした。 5月24日NIKKEI NETより

大手銀行の融資縮小とは対照的に、関西の地銀が「超低金利」の
融資で貸出額を伸ばしている。関西地方のみならず、この
「超低金利」合戦が関西を中心に繰り広げられている。

宅建資格を取得して独立開業を目指す人にとっては、この
「低金利融資」は朗報といえるだろう。大手銀行が中小事業主に
融資を渋る中、中小の融資を積極的に、しかも低金利で
行っているからだ。

「宅建」資格は国家資格の中でも難関、と言われているが
矢野純也さんによると、「超高速勉強術」なら
初学者ならば2ヶ月、学習を積んできた再受験者なら1ヶ月で
宅地建物取引主任者資格試験=宅建合格の実力がつくという。

今からでもまったく遅くはないので、チャレンジしてみては
どうだろう。国家資格はあるに越した事はないが、宅建は
実務と密接な「使える」国家資格なのでなおさらだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15360789

この記事へのトラックバック
muryousassi-midori-1.png situmon-ao-1.png