goukaku.png

目次
1・「宅地建物取引主任者(宅建)」資格試験合格への最短コース

2・宅建は難関国家資格・・なぜ一発合格できるのか?

3・「宅建超高速勉強術」感想とレビュー

4・「宅地建物取引主任者」資格合格法の比較とレビュー

5・資格試験をなめてかかるとどうなるか?

6・資格、特に国家資格は取得してほしい!

7・「宅建」など資格取得に関する無料冊子を集めてみました。

「宅地建物取引主任者(宅建)」資格試験合格への最短コース

私はある病院で、介護の仕事をしていました。
その勤務していた病棟が「療養型病棟」になり、
実務経験の受験資格を得て、国家資格である
「介護福祉士」の試験を受けました。

勉強もしましたが、一発合格。嬉しかったです。

その後、有利な条件で転職し、転職後
「介護支援専門員(ケアマネージャ)」の
資格に挑戦しました。けっこう難関です。

この時は、ほとんど勉強しなかったのに、
またしても一発合格。
「私って、なんて試験本番に強いんだろう?」と
我ながら思っていました。


かたや、転職先の事務をしていた同僚・・・。
「社会保険労務士」資格取得を目指しているのですが、
すでに4回目。「今回もダメだった・・・。」
決して能力のない人ではないし、勉強も頑張っているのに。

なぜ、合格しないのかなぁ。私が運がいいから?

「受験のカリスマ」と呼ばれる矢野純也さんの
「宅建超高速勉強術」を読む機会があり、
謎が解けました。「そういう事だったのね。」


まだ受験資格を持っていない時に
介護支援専門員の試験に挑戦する、という同僚に
「そうだね、●●さえ●●してやれば大丈夫じゃない?」

元々勉強家だったけど、中卒しか学歴のない
その同僚も、一発合格しました。感謝されました。
その秘密は・・・「勉強法」にあったみたいなんです。


「宅建超高速勉強術」を読んで、ちょっとショックでした。
「え、みんなそれを知らずに勉強してるの?」


この宅建勉強法は、知っておかないと損をすると思います。
特に、勉強しているのに資格試験に何回も落ちてしまう、
「本番に弱い」あなた。これを知らないのでは?
せっかく一生懸命勉強しているのに・・・。

私も高校時代は「落ちこぼれ」で
そんなに優秀な頭脳をもってるわけではありません。


この「勉強法」を学べば、
次の宅建試験はきっと大丈夫です。^^
しかも、不動産の実務に入ってからも役立ちます。

宅建超高速勉強術

続きはこちらです。

宅建は難関国家資格・・なぜ一発合格できるのか?

宅地建物取引主任者資格は、以前は
「取りやすい国家資格」と言われていました。
しかし、それははるか昔の事。
今、合格率は15%前後と言われています。

その人気の「宅建」試験にどうやって
簡単に合格する事ができるのか?
それは「受験のカリスマ」と呼ばれる
矢野準也さんが教えてくれます。


難関と言われる国家資格である
「宅建」「行政書士」「社会保険労務士」。
これを矢野準也さんは、わずか1年で3つとも
合格してしまったのです。

「ええ、そんな事ができるの?」のすご業です。
矢野準也さんは高卒の建設作業員さんだったんです。


早く準備すれば、そんな荒業もできるんでしょうか?


じゃあ、次はもう少し詳しくお話ししたいと思います。

続きはこちらです。

「宅建超高速勉強術」感想とレビュー

去年も多くの合格者の喜びの声をいただきました。

このサイトで売られている
「宅建超高速勉強術」を実際に読んでみて
紹介した甲斐がありました。^^

資格試験を受ける場合はかなり有利ではないでしょうか。
合格へのポイントを絞って勉強する事ができるからです。

ネットでE−Bookを買う、
となると不安な人もありますが、
すぐにダウンロードできて、便利なものですよ。
2,015年には一般書籍を上回るだろうと言われています。

資格試験と大学などの受験は、
ちょっと違いがありますし、
あまり知られていない勉強法などが公開されているのも
E−Bookならではですね。^^


宅建試験の場合、どう勉強したら効率的なのか、
かなり実践的に書かれています。
これなら、今から私が勉強しても
合格しそうな気がしますね。畑違いですが。

高い通信教育を受講するなら、
こちらで勉強した方がよっぽど安上がりです。

「宅地建物取引主任者」の相場はわかりませんが、
「介護福祉士」で3万5千円程度、
「介護支援専門員」で4万5千円程度かかります。
(「ユーキャン」等)

「資格予備校」のような所に通うとしたら、
もっと多額の費用が必要ですね。

しかも通信教育では、試験の添削が10回程度、
あとは独学で、模擬試験は別途費用がかかります。

私の経験では、通信教育は費用のわりには合わない、
と思いました。テキストを買って、問題集をこなした方が
もっと安上がりだし、法律や制度が変わっても
テキストが対応していなかったりします。

あとで「追補版」が来ますが、
その差し替え作業の方が大変でした。

通信教育での問題集程度ではどっちにしろ間に合わないし、
テキストはそんなに役に立ちませんでした。

介護支援専門員になってからも、
実務には使えないので、不合格だったので勉強したい、
という知り合いにあげてしまいました。

矢野準也さんは実際に不動産屋と行政書士事務所を
開いておられますので、制度や法律の改定にも
迅速に対応できるのではないかと思います。


やはり「宅建」は難関なので、初学者であれば
半年以上の通学が必要な学習時間の基準、と言われています。
しかし、なかには必要な学習時間を満たしていないのに
平気で開講されている学習講座もあるようです。

矢野準也さんの「宅建超高速勉強術」には
「無期限メールサポート」がついています。

また、不合格であった場合には全額返金する保障もついています。


今の勉強法で不安がある、という方は
よろしかったら、検討してみてはいかがでしょう。
模擬試験1回分位の価格ですから、損はしないと思います。

新しい情報です。合格すると5千円の合格祝いがもらえます。
こんな話は今だけで、一定数で販売を打ち切るそうです。

詳しくはこちらでお確かめ下さい。

購入に関してご質問等がございましたら、
私のほうでもご相談にのれます。
お気軽にご質問ください。↓
      質問はこちらからどうぞ。

次回はいろんな有料マニュアルを比較してみますね。^^
  
続きはこちらです。

「宅地建物取引主任者」資格合格法の比較とレビュー

調べてみましたら、他にも「宅建」の勉強法について
こんなE−Book(電子ブック)がある事がわかりました。

くまきみつよし氏の教材を紹介していたのですが
販売停止になっているようです。ご心配をおかけしました。

合格保証付き宅建資格試験用TLTソフト
これは「勉強法」のノウハウというより、ソフトです。
宅建の資格講座などで取り入れられているところもあるようです。


「宅建」資格をとるだけでなく、最近は
ファイナンシャル・プランナーやマンション管理士、
行政書士、インテリア・コーディーネーターなどの
資格を合わせて取ろう、という方が多いようですから、

ご紹介した「宅建超高速勉強術」のような
いろいろな資格に応用できるノウハウを持っていると
有利ではないでしょうか。

傾向の違うものはありますが、「必勝法」といえる
勉強法のノウハウですから、いいものを見つけたと思います。

スペシャル特典つきで、返金保証までありますし
私も読んでみて納得できる内容だったので
こちらを買っておけば、間違いはないと思いますよ。

今、この「宅建超高速勉強術」、
ほぼ「モニター状態」になっています。
合格しても5千円の「合格祝い」を出されるそうです。
驚いてメールで確認をしましたが、間違いないそうですよ。

菜乃オススメの「宅建」資格必勝合格法はこちら。


注)以前先着100名様とお伝えしていた
メールサポートは購入者様には全員つく事になりました。
今だけ合格したら5千円の「合格祝い金」をもらえるそうです。
しかし、一定人数を超えたところで販売を停止されるそうです。


「スペシャル特典2」も持っていたら有利だと思いますよ。^^

わからない事がございましたらお気軽に。
内容知ってますから、結構お答えできると思います。
 ↓  ↓
ご質問はこちらからどうぞ。

次は「資格試験の落とし穴」。怖い話かも。( ̄− ̄)?

続きはこちらです。

資格試験をなめてかかるとどうなるか?

今回は予告どおり、ちょっと怖いお話です。

「宅地建物取引主任者資格」=「宅建」は
意外と「比較的とりやすい」ように思われているようです。
実際に受けようとしている人はそうでもないかもしれません。
ここに来られた中には何度も落ちている人も少なくないはずです。

なぜなら、「宅建」の最近の合格率は17%程度です。
100人受験したら17人くらいしか合格できないのです。
中には職場からの指示で資格をとるようにと
言われた方も少なくないでしょう。

受験にかけた費用と努力を無駄にできますか?

例えば私は勤務しながら資格試験を受けたため、
通学ではなく、通信教育で介護福祉士と介護支援専門員を
取得しました。(正確には介護支援専門員は受講資格ですが)

ユーキャンでしたが、介護福祉士で3万5千円程度、
介護支援専門員は4万5千円程度かかりました。
別途、模擬試験を受けましたが1回8千円近くします。
(自宅で時間を計って提出して点数等が返ってくるだけ)

会場で行われる模擬試験は時間がとれなかったり
会場が遠かったり、受験料も2万円近くかかるのもありました。
そんなに多くの費用が、不合格になれば全部ムダです。

「宅建」は1度資格を取れば、生涯なくなる事はありません。
でも、落ちてしまったら資格はとれないのです。
「合格」か「不合格」か。1年に1回限り、どちらかです。

「資格試験」をなめてかかると、
介護支援専門員の場合でも、現役の医師でもぼろぼろ落ちます。
でも介護支援専門員は、合格率は30%程度なのです。

もう1年、頑張らなければならないのは大変です。
法律や制度が急激に変る時代でもあり、
去年やった勉強が水の泡になってしまう事もあります。


笑い事ではないですよね。
1問の正否が人生を決めるのです。
あなたは、大丈夫ですか?

自分で自分の身は守る時代です。
ボヤボヤしてたら、手遅れになってしまいますよ。

私も苦労は知っていますから、
私にお役に立てる事があればお手伝いしますよ。
お気軽にご質問下さい。↓(*^^*)

ご質問はこちらからどうぞ。

本気で考えているのでしたら、こちらを購入した方が
手っ取り早いです。
価格以上の価値はありますし、返金保証もついています。

受験のカリスマ矢野準也の「宅建超高速勉強術」

次回は私からあなたへ、メッセージがございます。
資格試験にチャレンジした仲間として
よろしければ話を聞いていただけるとうれしいです。

>>続きはこちらです。

資格、特に国家資格は取得してほしい!

私は、大学には入学したものの、病気で中退したため、
実際には「高卒」の学歴しか通用しません。
病気が長引いたため、就職する時には
かなり苦労しました。


「学歴不問・資格不問」「実務経験なし」
どんな仕事があるでしょう?
女性の場合、特に厳しいです。月給11万とか。
「手取りはいったい?」パートの方がましかも。

夜勤のある病棟の介護の仕事を見つけましたが、
私の頃だから入れたのであって、今では
「ホームヘルパー2級」くらいの資格ではムリです。

やはり国家資格の「介護福祉士」でないと採用されません。
もし「介護福祉士」が取得できなかったら、
介護職ではなく、夜勤のない部署に飛ばされていたかも。

日勤だけの部署では賃金が何万も違いますし、
高齢者の方のお世話をするのが好きでした。


こうした国家資格など、「資格試験」というのは
一般的な学力を問われる高校や大学の受験と違って、
ちょっとした「ノウハウ」があります。
(私は「宅建超高速勉強法」を読んで
「ノウハウ」だったのか、と気づいたんですが。汗)

それを知らないままに、一生懸命勉強しても、
せっかくの勉強が生かされない事も多いのです。

私の職場の同僚が「社会保険労務士」を
4回も落ちているのも、その辺に原因がありそうです。
昼休みを返上して勉強しても、睡眠時間を削って勉強しても
報われないのって、悲しいですよね。

逆にそんなに時間をかけなかった自分が合格して、
申し訳ないような気持ちになります。
仕事で疲れて帰って勉強するのって、ほんと大変です。
私もへとへとでなかなか勉強できませんでした。


私はたまたま「超高速勉強法」に近い学習法をとったので
試験会場で出会った初対面の人に「今年は何回目?」と
聞かれるような「介護支援専門員(ケアマネージャ)」に
合格することができました。

そのおかげで夜勤をしなくても
以前より条件のいいところに引き抜かれ、
資格者を一定以上置かなければならないので
安心して働く事ができます。


「宅地建物取引主任者資格」は、
不動産業だけでなく、
建設業界、金融業界、一般企業、
また、法律系国家資格の登竜門でもあります。

独立の道も開けてきます。

せっかくのその努力を水の泡にしないためにも、
私でよろしければいつでも相談にのります。
何かご不明なところがありましたらお気軽にご質問下さい。
  ↓  ↓
ご質問はこちらからどうぞ。

>>
続きはこちらです。

「宅建」など資格取得に関する無料冊子を集めてみました。

「宅建」に絞ったものだけではありませんが、
国家資格などの資格取得の勉強法に関する
無料冊子を集めてみました。

ご興味がございましたら、
こちらにお名前と(仮名でもけっこうです。)
メールアドレスを記入して送信して下さい。

折り返し、無料冊子のダウンロード方法を
メールでお送りいたします。^^

こちらからどうぞ。↓
「無料冊子請求フォーム」


有料の「超高速宅建合格法」販売サイトはこの下となります。
矢野準也さんのメールマガジン登録もこのサイトからどうぞ。
  ↓  ↓
「『受験のカリスマ』矢野準也の宅建超高速勉強術」

豆知識・用語集(1)と対応地域

「宅建」正式名称は「宅地建物取引主任者」
(たくちたてものとりひきしゅにんしゃ)といいます。

「宅建」は国家資格の中でも最大規模の資格試験です。
受験者数は2006年で20万人弱。2002年以降増加傾向にあります。

宅地建物取引業者(不動産会社)において不可欠の資格者です。
宅地または建物の売買、交換、賃貸の契約が成立するまでの間に
重要事項の説明などを行う際には「宅地建物取引主任者」が
行わなければなりません。

宅地建物取引業(不動産業)を営む場合には、国土交通省の
定める数の(事業規模等に応じる)成年者である専任の
宅地建物取引主任者を置かなければなりません。

また、マンションのモデルルームなど案内所で契約を締結する
ような場合には、規模に関わらず、必ず一人以上の
宅地建物取引主任者を置かなければなりません。

宅地建物業の相手方に対して、重要事項の説明、
重要事項説明書への記名・押印、契約書への記名・押印は
宅地建物取引主任者(専任でなくてもよい)が
行わなければなりません。(宅地建物取引主任者の独占業務)

こうしたことから不動産業界では「宅建」は、なくてはならない
資格なのです。

宅地建物取引主任者資格は、不動産業だけでなく
金融業などの他職種や、法律系国家資格(行政書士等)の
登竜門としても人気のある国家資格です。

宅地建物取引主任者試験の実施は、各都道府県が指定機関に
委託する形で行われています。
指定機関は財団法人不動産適正取引推進機構です。
試験会場は全都道府県に置かれ、2005年では197会場でした。

過去のデータから合格率は毎年15%前後を推移しています。
宅建試験の2005年〜2007年の合格率は17%台前半でした。

宅建の合格者の就職先は不動産業界が最も多く、
他には建設業界、金融業界、一般企業などです。
企業では宅建資格取得者に対して、資格手当が1〜3万円程度
支給されることが多いようです。
特に不動産業では資格手当が支給されるケースがほとんどです。

宅地建物取引主任者資格試験の合格実績は特殊な場合を除き、
たとえ登録が消除されても一生有効です。
取り消される場合は、たとえば試験時に不正行為により
合格が取り消された場合などに限ります。

対応地域について
「宅建超高速合格講座」はインターネットを通じて
ダウンロード等で販売されているE−Book(電子書籍・電子ブック)です。
したがって、札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、京都市、大阪市、岡山市、広島市、福岡市など、全国の主要都市をはじめ
北は北海道から沖縄まで、全国各地に対応しております。
muryousassi-midori-1.png situmon-ao-1.png